医学部の予備校に掛かる費用について

何故医学部の予備校の相場は一般の大学と比較すると高くなるか

何故医学部の予備校の相場は一般の大学と比較すると高くなるか安い金額で医学を学べる大学に入学できるかは不可能であると言ってよい1000万円の授業料でも合格出来れば安いとさえ言われている

医学部予備校に掛かる費用についてですが、一般の大学に進学をする予備校はおおよそかかる費用は100万円以下が授業料の相場となります。
その上で医学部の授業料は300万円から600万円が授業料の相場です。
では何故医学部の予備校の相場は一般の大学と比較すると高くなるかについて解説をしますが、まず一般の大学では授業内容は医学に関する知識を必要としておらず、言ってしまえば高校生レベルの学問の延長線上にあるが故それほど大学進出に費用をかけていないのです。
しかし医学を志す学部に入学するとなると話は変わり、専門の講師を必要とする上で授業料も高くなるのです。
何故なら、医学を教育の中に取り入れて授業を行わないとならないのが医学を目指す者が通うスクールの特徴であるため講師陣も高いレベルの講師品を必要とします。
つまり授業料にプラスする形で講師に払う報酬を踏まえると、一般の大学に通うための勉強をするスクールよりも医学関連の大学に入学をするために勉強をするスクールのほうが経費が掛かるのです。
逆に言ってしまえば、それほど高いレベルの講師を雇い入れないと入学が難しいのが医学部になる為まず講師陣を獲得するには講師に支払う報酬を上げる必要がある為費用は上昇するのです。
また、医学を志す学生と言うのは医師の家庭で育っている人物でもある為高い金額の費用を支払ってでも医学を志す学校に入学できるのであれば授業料を支払うということも考えられているため、あえて授業料を安くしないという動きもあります。

5年後 生き残ってる塾が 良い塾だってツイッターのだれかがいってました
いま 受け持っている社会人の 再受験生(実業家)を 医学部に通せば 医学予備校 設立費用…

続きは質問箱へ (残り 38字) #peing #質問箱 https://t.co/vOKWu4grqb

— 千代田数理セミナー (@BZM10005) July 24, 2019